iPhoneXのガラスが割れて映らなくなくなったという持ち込み

つくば市内からの再来店です。

アマクボiPhoneレスキューが定休日で、画面表示しないコピー画面はゴーストタッチの可能性があり危険と説明を受けていたので他店に持ち込み、


「トゥルートーン対応していますか?」と聞いてみた


画面表示しない

定員さん「えっ」

やばいと思い、「あっ、いいです」と断ったそうです


明日はOPENしているのでアマクボiPhoneレスキューにしようこっちの方が安いし


ということで、再来店です


持ち込んだiPhoneXは

ガラスが割れて画面表示していません

コピー画面が割れると

稀に、コースとタッチが起きて、

運が悪いとデーター消失というデメリットがあります


最初にやることは、仮組をして

問題ないかを調べます


普通にパスコードを入力する画面でした


環境光修復の作業

TrueToneが有効になる作業をします

専用工具を使い

画面に記録されている情報を

古い画面から読み取り

新しい画面に書き込みます


いわゆる

「トゥルートーン対応していますか?」

の作業です


この作業をしている業者は、

私が取り扱いをして2年経過しますが

1割以下という水準です


新しいiPhone修理店が増えているのに

やらないお店が多いのです

iPhoneXの様にホームボタンの無いタイプの画面は

全て対応しています

どのお店でも導入できますよね

※iPhone8やSE第2世代は対応画面が必要になります


iPhoneX画面割れ修理も点検しておしまい


画面交換後

TrueToneが表示されている時の点検は

ライトモードにして

TrueToneをon/offにしてみます

onにして画面が黄色っぽく温かみのある色になれば成功です

今回は、ダークモードにされていたので、点検後元に戻します


明るさのスライドバーも自動で反応しています

最近、明るさのスライドバーは、TrueToneがoffでも反応することを知りました


点検項目は多いのですが要約しますと

  • タッチが正常に動作する

  • 充電している

  • 電話できる

  • 電話を受けた時画面が黒くなる

  • カメラ(in/out)のチェック

  • 録音マイク

  • 指紋(顔)認証

この辺を確認します

このほかに、TrueTone検査が入ります


iPhoneの画面交換なのですが

取り外す部品が多いので関連項目の検査が増えるということになります


今回の事前検査では、充電での判断しかできません


お客様より

ゴーストタッチが無かったのでほっとしました。TrueToneがなくなることはありえないので、1日待ってアマクボiPhoneレスキューで修理したのは正解です。友達のiPhoneXは他店で修理してTrueoneが消えていました。


店長より

フランチャイズでは、いろいろと出費がかさみ価格面での影響は仕方がないでしょう。ホームページで多くのお客様を呼び込むことができれは、ある程度安く抑えることはできます。TrueToneについては、フランチャイズの縛りで対応できないということは仕方のないことだと思います。iPhoneXシリーズの修理は、成功しても画面交換のあとあれっということが多いので、お友達の紹介がベストです。

6回の閲覧0件のコメント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2023 アマクボiPhone レスキュー/PKEN.ORG