• amakubo

iPhone8純正バッテーリーの交換

家族全員のバッテリー交換の依頼というものはよくあります。

今回は、以前自分のものと子供のiPhone8のバッテリーで純正品と社外品をそれぞれつけました。後日もう一台のバッテリー交換はどちらにするのかという判断でした。

iPhone8の純正バッテリーを選びました。


お客様曰く、2日目で違いがわかるそうです。

結論からいうと、純正バッテリーと社外バッテリーを比較してはいけないとのことでした。

純正バッテリーの欠点は充電時間が長いだけで、これは、寝る前に充電して朝になれば100%になっているので問題ないとのことです。


作業手順に従いiPhone8の純正バッテリーを交換します。

iPhoneを探すをOFFにしてもらいます

登録情報をアップルのデーターベースに情報を入力します。

iPhone8純正バッテリー交換前の様子
充電していかない状態のバッテリー

目視による検査も必要です。

充電していかな都などの内容も報告していきます。



最大容量だけではわからないところもある
最大容量は81%ある

最大容量は81%になっていますが、リフレッシュ回数は1500回を超えていました。

今回は、リフレッシュした回数が多い点からバッテリーの減りが早くなったり充電できなくなったのかなと思います。


データーベースの記入が終わりましたので修理に取り掛かります。


iPhone純正バッテリー交換
純正バッテリーの交換

iPhoneの中は純正バッテリーが入っていました。

修理価格はホームページのものになります。

社外品が入っている場合は、請求金額が変わってくるため当店では3,500円加算されます。

その他、膨張バッテリーやシワのあるバッテリーも加算対象になります。



iPhone正規純正バッテリーの交換
交換完了

バッテリーは取り返してから専用工具で圧着します。

フレームには画面を貼り合わせるための純正の両面テープを貼り付けます。

社外品と違い、シールをはがした後、フレームの縁の部分だけのものになります。


このテープのプラスチックの部分を取り除いき画面を貼り合わせます。

画面とフレームを圧着して完成です。


iPhone純正バッテリー交換後
純正バッテリーを交換したあと

最大容量は100%になっています。

最後にアップルの診断をして、目視による検査をして終了です。



閲覧数:28回0件のコメント