iPhone8修理でコピー画面は避けたいので再生画面に-正しい画面交換-

つくば市内よりご来店です

高品質画面を取り扱って画面の色、明るさ、タッチの反応がほぼ瓜二つなのでなかなか再生画面が出ない中珍しく希望者がいました


モバイルSuicaは再生画面が安全

高品質画面は、所詮コピー画面です。iPhone7から利用できるWallet機能がつかえ、Edyが有名ですが、最も使われるアプリはモバイルSuicaかなと思います


過去に知らずにコピー画面を取り付けられ、自動改札が空かなかったというあことがあります。ホームボタンのあるモデルは相性が有り、時々認識しないことがあり、私自身この相談をうけ、再生画面に交換したことがあります。お客様からすると高い勉強代になりました

特に、電車の乗り降りの多い駅近くや、課金型プリペイドがアプリで使えるショッピングセンターには、絶対になくてはならないものです。


iPhone8の画面半分が黒くタッチが反応しない症状


画面割れして半分黒い

画面が割れ、タッチが反応していません

画面も半分黒くなっています


画面が割れたころは黒くなっていなかったのですが

急に半分黒くなり

タッチが反応しなくなったそうです


ブログを読んでいてモバイルSuicaをよくご利用とのことでしたので

再生画面を選びました


画面交換だけではTrueToneは消えてしまう


TrueToneが消えている

再生画面は

液晶部分に損傷が無ければ

ガラスを張り替えて使うものになり

業界では最も純正に近い画面ともいわれています


この画面なのに交換しただけでは

TrueToneが表示されません

しかも、色合いはコピー画面の様に青白っぽくなってしまいます


正しい色合いにするため環境光修復作業をする


環境光修復作業

青い工具の液晶には3つのコードらしいものがあります

赤い字でたくさん書かれています


純正の液晶のICチップにも書かれているのですが

基板ごとにコードが違うので

破損画面に記録されているコードを機械に読み込み

交換する画面に書き込みます


これだけの作業ですが

工具がとても高価です

自己修理を安くといいたいのですが

この工具を購入すると

iPhone修理屋さんにやってもらった方が

安くつきます


正しいiPhone8の画面交換はこれで終了


TrueToneが使える

先ほどの写真では同じ画面が青白っぽくなっていました

TrueToneが有効になると

黄色っぽくなり

明るさも自動になります

そのため、屋内から屋外に移動すると

センサーが反応し極力色合いなどが変わらずに維持しするようになります


iPhone8の画面交換は、ここまでの作業が一工程になると思います

ほとんどのiPhone修理店は環境光修復はしませんのでご注意ください


お客様より

電車をよく使い、ネットで非正規店について調べるとモバイルSuicaが突然使えなくなったという話題がありました。アマクボiPhoneレスキューのホームページには3種類の画面があり何故だがわかりませんでした。モバイルSuicaのことを言うとコピー品が原因と教えてくれたので問題の無い再生画面を選びました。これで安心です。


店長より

多くのお客様は、値段>性能、という印象があります。修理前の説明がいいかげんだとコピー品とは知らずに取り付けられ、なにかおかしいと違和感があるままずっと同じお店を使い続けるということがあります。友達に勧められてという方がコピー画面を破損してご来店いただき、説明するといままで100%のお客様が「ダマサレタ」「知らなかった」といいます。iPhone7以降の画面破損は、iPhoneのご利用用途によっては再生画面を選ばれた方がいいので、長い目で見ればケチらない方が得策かもしれません。

2回の閲覧0件のコメント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2023 アマクボiPhone レスキュー/PKEN.ORG