iPhone8の純正バッテリーの取扱店を探していました

インターネットで「iPhone8純正バッテリー」と調べると、社外品ばかりの紹介で見つからず、地域名を入れてみました。

いくつかのお店がてきたのですが、電話をしてみると「取り扱っていません」ということです。たまたま、地図のコメントの口コミで「純正部品を扱っている」という文章を見つけてのご来店です。


2021年4月に、アップル社が純正部品取り扱い店の募集を行い、無理だと判断したお店が次々といつかは「純正バッテリー」、「純正画面」と調べられると不利益になるのでそのころからSEO対策していたとしか思えません。申請が次のステップへと進んでいる修理店はホームページに掲載できませんからね。


過去に社外バッテリーをつけていて、1年で充電や3時間持たなくなり、第三者製造のバッテリーは信用できなくなったという持ち込みです。



傷をつけないように画面はずしをしている様子
傷をつけないように画面はずし

画面を外します。

全ての独立系修理プロバイダが持っているわけではないのですが、とても便利な道具です。

話はそれますが、iPhone12の画面もよく温めで注意しながら開けることもできます。失敗すると業界用語でベゼル剥がれが起こります。


画面を外して準備に入ります


iPhone8の純正バッテリーを取り付ける準備
iPhone8と純正バッテリー

バッテリーの背面には、両面テープが張ってありますので

本体にくっつけているためはがします

第三者製造のシールはとても剥がしにくいです。

ゆっくり注意しながら外せば

綺麗にはがせます。


綺麗に外した社外バッテリーとこれから張り付ける純正バッテリー
綺麗に外した社外バッテリー

ほかのお店と手順が違いますね

通常は、純正バッテリーを外して社外バッテリーを取り付けます

今回はその逆ですね


独立系修理プロバイダであれば、社外品から純正品に戻すことができます

第三者製造の部品で嫌な思いをされた方は検討してください



純正バッテリーを取り付けて圧着し終わったところで、フレームの縁に両面テープを張ったところ
純正バッテリー取り付け後にフレームの縁に両面テープ

あとは、画面を取りつけ、ねじをして圧着して完成です

フレームの縁にビニールの様なものがありますが、

画面を貼り合わせる両面テープです

同業者のブログをよく見ると

「防水テープ」

という表現をされていますが

防水性能はありません。

社外品のテープの方が固くて粘着力が劣るので、

画面を貼り合わせるテープは純正品がいいと思います。

純正品が入手できないときは、きれいにはがして温存することを推奨します。

もし、はがれてしまったときは、社外品を取り付けるよりは

タッチの感触を考慮すると無い方がいいのかなと思います。

閲覧数:56回0件のコメント