iPhone8の画面をどこのお店でも取り扱っている画面で

最近、常総市や下妻市からのお客様が増えております。

GoogleのMAPを見て、わかりやすいという方が多いです。

今回は、格安の画面と純正部品の取扱店という信用でのご来店です


iPhoneの修理部品は、大きく分けて純正部品と社外部品があります。

独立系修理プロバイダ出ないお店は社外部品のみのお取り扱いになります。


※パソコン整備士二級の立場から、たとえ中古の純正部品であってもアップルにシリアル番号の登録と性能には影響はございませんがアクティベーションができないものは、学習をしていて社外品または改造品扱いになってしまうのではと思いました。


こんかいのiPhone8の画面ですが、ホームボタンが白のタイプです。純正品はホームボタンと自撮りのカメラも共通部品として取り付けられた状態で届きます。

ホームボタンと液晶周りの白(黒)の色が変わってしまうのでアップル社としては品質低下につながるというこだわりがあるのではと思います。


ホームボタンの周りも、本体の色により金、銀、ピンク、赤と縁の色が違います。これだけの色を購入することが原則なのでそろえる段階で厳しいので当店ではお取り扱いしていません。iPhoneSE第2世代から導入を検討しています。


画面が映らない状態でのお持ち込みです


iPhone8の破損した画面
画面表示しない

画面に2本の長いヒビがありますが

表示しません。これは運です


ホームボタンを押したり、マナーモードをON・OFFにすると

内部のバイブモーターは反応しています。


画面交換で解決するかもしれませんが

仮付けして動かしてみないとわかりません


さて、ここでお客様には、

・周りのお店で取り扱いしてる安い画面にするのか

・高価になりますがタッチ性能や色合いにこだわりをもつか

という質問をします


今回は、機種変更も近いのでということでしたので

周りのお店が使っている画面を選択しました。

交換部品の背面を見ると違いが判ります


交換する画面の背面、左・純正、右・社外
左・純正、右・社外

社外画面は、下の黒いケーブルの構造が違い

きれています

個人的には

「動けばいい」

という作りになるのでしょうか


仮組をして、動いたので組み立てをしていきます

大切なのは、

センサー部分の接着です


2つの部品を接着する
2つの部品

画面の窓に接着剤を着けます

右が自撮りのカメラ

左はセンサーです

2つのセンサーの位置合わせが難しく

「元の画面から外した折れ目のついた自撮りカメラをそのまま載せる」

という指導をしているフランチャイズが圧倒的に多く

1割程度のお店でしかやらない作業です



センサーの位置決めをしている
接着している

とある第三者修理店のグループでは

ここのセンサーの位置決めと接着はとても重要といっています

たしかにそう思います。

ただし、この記述をしている業者さんのものをみてみると

やっていたお店は6年で0件でした

ホームページも体裁よく書いているだけのところが多すぎるので正直に書いてくださいね


画面交換してテストです


iPhone8の画面交換
画面交換をしたあと

綺麗にできました

画面とフレームについている両面テープも温存しながらうまく取れました


TrueToneがなくなったiPhone8
TrueToneがない

iPhone8の機能の一つである

TrueToneは使えなくなり

明るさのバーの下にあった項目が消えています

周りのお店で使われている画面なので仕方がないです


タッチ性能も落ちますが

とりあえず使えるようになりました


閲覧数:25回0件のコメント