iPhone6sの純正バッテリーは在庫の方式から受注に変更します

2022年年明けにiPhone6sの純正バッテリーの要望が非常に多く、当時は1位でした。

独立系修理プロバイダもそのころは当店しか稼働していなく手探りで、高価な部品が多く度の部品をお店に置くべきか悩んでいる時期でした。


iPhone6sのお店の在庫最後の部品交換です

今後は、1度来店していただきアップルのデーターベースで修理登録をしていただき、部品代をお支払いしたのち、届き次第修理をいたします。

社外バッテリー1年の最大容量が21%になっていた
社外品1年で最大容量21%

持ち込まれたiPhoneは少し膨張していました。

そして、最大容量が21%に減っています。

長持ちするものもありますが社外品は当たりはずれが多いです。


iPhoneの社外バッテリーから純正バッテリーへ変更
膨張していた

少し膨張していました。

このiPhoneは、目覚ましやサブのサブ的な使い方をしていて、1年後にこのようになってしまったそうです

信用性の高い純正バッテリーへの変更です。


iPhoneの純正バッテリーの交換は両面テープも新品に
バッテリー交換と両面テープの貼り付け

両面テープも純正品と交換です。

裏話ですが、仕入れ価格は社外品の方が高価です。品質も悪いのに・・・



iPhoneの両面テープ張り替え後は画面を圧着するといい
画面の圧着

純正の両面テープを張り替えた後は画面を圧着します

こうすると、画面がしっかり張り付いて次回iPhoneの画面を外すときは面倒になります。

社外部品のテープはしっかりつきませんでした。


これで、外側のねじ2本を取り付ければ完成です。


純正部品の修理で画面は1つしか実績はございませんが、バッテリーは比較的手の届く価格なので、探している人は多いようです。

それなのに、ネット検索では取り扱いしていない業者やネット通販だらけで見つからなかったという意見が多くあります。

私たちも、このようなブログを残すのですが、ネット対策を巧妙に仕掛ける事業者には太刀打ちできません。


閲覧数:37回0件のコメント