• amakubo

Apple社のiPhone修理のトレーニングはじめました

現在50%以上トレーニングが終わっています。

パソコン整備士2級を持っていますが、この立場からすると、国内の5本の指に入るような第三者修理店であっても20%程度しか理解できていないのではと思いました。

持ち込みの8割以上は、画面破損やバッテリー交換の依頼で問題なく営業は続けられます。

TrueTone対応機種の説明なしは大問題だとは思います。



iPhone11のTrueTone書き換えの様子
TrueTone書き換えの様子

アマクボモバイルレスキューは、2021年4月1日よりApple社が募集していました独立系修理プロバイダ(以下IRP)に登録されトレニーング終了後に認定をうけるというめどが立ちました。11月3日の話になります。

現段階で、修理をしているiPhoneの知識は学んだところになります。

今後、いろいろと設備投資が必要になってくる印象があります。


従来品(第三者製造の部品)も提供していますので、ぜひご利用ください。Appleが推奨するすべての工具を利用するわけではございませんが、道具がそろい次第よりクオリティーの高い修理が第三者製造の部品でも可能になるのではと思います。


トレーニングを勧め何よりも検査技術が反則級のものだということはここで言っておきたいです。全てのトレーニングが完了し認定を受けてから使えるものになると思います。


そして、IRPに認定されると純正部品が扱えるようになります。

現段階で、修理価格と修理が始まる時期は未定です。

トレーニングの終了は11月下旬になりそうです。

37回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示