50%使うと電源が落ちるようになってきた

最終更新: 4月7日

つくば市内よりバッテリー交換の依頼です

すぐに電池がなくなってしまうという持ち込みです


最大容量84%だけれども減りが早い

iPhone6sを購入して6年間バッテリー交換せずに使ってきました


6年使用したiPhone6sのバッテリーの最大容量
バッテリー劣化メッセージはない

業界では、iPhoneを2年使って

80%になる計算になっていますが

6年利用してほとんど減っていない状況です


バッテリー残量が半分くらいなると電源が落ちやすくなるということでした


バッテリーの残量を見る


充電していないと使えない状態になっている
ほぼ充電状態

バッテリー残量のグラフを見ると

網目に見える部分があります

充電中を表しています


普段は20%程使うと充電しているようです

そうしないと電源が落ちるそうです

前半に

棒グラフが黄色になっている時間帯が

1か所ありますが

負荷のかかるアプリケーションを使っただけで

一気になくなっています

それも充電しながらです


これでは使い物になりません


バッテリー交換をして使ってみる


バッテリー交換後、取り外したバッテリーと撮影
バッテリー交換した後

しばらく充電しないで使ってみると

残量は減りませんでした

いつもなら10%は減っているとのことでした


お客様より

Apple正規サービスプロバイダも検討したのですが、バックアップしてくださいとか、バッテリ交換に1時間かかりますということで非正規店を検討しました。何より、この状態のiPhoneを1週間後というのはかなり厳しいです。


店長より

第三者修理店のバッテリー交換は10分程度で終了します。iPhone6sであれば、どこのお店でも技術面では差はないと思います。中には、指紋だらけだったりねじを紛失する業者さんもいます。中には、画面を外す業者さんがいますが、もともとついている画面の接続端子が破損している状況になっていたりするので個人的には推奨できません。

バッテリーの品質は、基本的には同じですので安いお店や近所のお店でいいと思います。

当店では、通常1ヶ月で最大容量が98%以下になっていたり、すれば交換いたします。1週間ご利用いただくと起こることがあります。気になる場合ですので、個々の表示も純正だけでなく社外品も狂いがあることがあります。Apple製品でも2年近く利用していて、大容量が100%のままというものも見てきました。

また「バッテリーに関する重要なメッセージ」が表示されていたりすれば3ヶ月を限度に交換します。こちらも4週間後に表示されることがあります。第三者製造の部品は表示されやすいのですが、使用上あまり問題ないと思いますが、1年過ぎてくるとへたってくることが多いです。

発見するタイミングは、減りが早く感じないときは、購入後3週間利用して状態を見てみましょう。基本的には、市外品で表示される最大容量の%やバッテリーの劣化メッセージはあてにならないことが多いので、保証交換の有効期限が過ぎてしまった場合そのまま使ってみて2年以上問題の無いことが多数あります。

6回の閲覧0件のコメント