画面表示しなくなってしまったiPhoneXR

地元の学生さんの持ち込みです


画面にヒビがありしばらくしてから真っ黒に



画面にヒビ

写真右下に落っこちたらしい痕跡があります

ここから上に向かってヒビかはいった印象です

電源ボタン付近のガラスの割れ方は

コピー画面みたいですが

分解すると

純正画面でした


iPhoneXRの分解は大変


耳スピーカー周辺

背面を分解するとこのような感じです

液晶に張り付いている

金属プレートを外すと全分解です


金属プレートだけでも縦に9個のねじがついています

液晶についているケーブルも変な風に張り付いていて

はがすのにコツが必要です


もう一つ面倒な部分は

耳スピーカー部分で

右から2個目の小さい金具です

取り外しは簡単ですが

取り付けがはまると5分とかかかることも


分解はこれで終了です


環境光修復をする


環境光修復作業

アマクボiPhoneレスキューではおなじみの写真です

先ほど背面パネルの話題になりましたが

最近は、あらかじめ取り付けられていることがあり、

面倒な作業はだいぶ省略されました


TrueToneを画面交換しても有効にならないので

この作業をして

有効になるようにします


ホームボタンの無いiPhoneは再生画面が人気


再生画面取り付け後

アマクボiPhoneレスキューでは、修理前に

コピー画面か再生画面かなどの説明をします


コピー画面は、今回と同じような破損をすると

即フリーズします

また、ゴーストタッチの危険性も高いです

そのリスクを選び廉価版にするのかという考え方があります

色合いに関しては、TrueToneを有効にすると

明るさが落ちるもののごまかせます


今回は、再生画面を選びました

iPhoneXRの画面交換では、コピーもありますが

再生画面の方が多いです


修理後は、TrueToneが有効になり

顔認証やその他操作も問題ありませんでした


お客様より

近くにiPhone修理店があり助かりました。部活の先輩に教えてもらい来店しました。レポートの提出などiPhoneにすべてのデーターがあり、取り出せない状態になっていました。すぐに持って行ったので、ゴーストタッチもなくデーターが無事だったことが何よりです。


店長より

データーが大切という方やiPhoneを破損させたのは今回が初めてという方は再生画面がお勧めです。コピー画面は所詮コピーで破損しやすいリスクもあれば破損後データーがなくなりやすいリスクもあります。再生画面は、色、タッチ性能以上に明るさが違います。今後有機EL機種でも、手の届く価格帯になってきたら導入を検討したいと思います。

5回の閲覧0件のコメント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2023 アマクボiPhone レスキュー/PKEN.ORG