画面に黒いシミや線が入るとQRコードが読み取れなくなる

つくば市よりご来店で、よくある画面のシミでした

QRコードエラーが多発

画面交換の理由で最も多いのは、

・見ずらい

・ガラス割れが気になる

・タッチ不良

・画面表示しない

このような理由です

最近は、キャッシュレスの人も増え

「QRコードが読み取れない」

ということも理由になってきています


さかさまにすると上下が反対になりQRコードが読めるようになる
画面にしみ

画面下が、きれいなので

iPhoneをさかさまにすると

上下が逆転するため

QRコードがなんとか

読み込みできるそうです

それでも

読み込みエラーは多発するそうです


iPhone8はTrueToneが大事

この画面にも

TrueToneを有効にできる項目があります

普通のお店に行くと

消えてしまうものになります


専用工具と

対応した画面を利用していれば

対応できます



TrueToneが有効になるよう画面に組み込まれている情報を読み書きしている
TrueToneを有効にする作業

当店ではおなじみの光景です

ほとんどの、第三者修理店では行っていません


iPhone8よりも後に発売された機種の画面交換は

「トゥルートーンはそのまま有効になりますか?」

という質問をしてみてお店選びをするといいでしょう


最近では、

TrueToneを有効にすると

カメラのモードで

被写体と画面の色が

ほぼ一緒になっていたという

お客様の感想を聞くことができました

普通、修理してしまうと

破損するまではご来店は無いのですが

当店を紹介していただき、

ご本人様が来て、教えてくれました


元の話に戻りますが


画面交換した後は


破損した画面との撮影でTrueToneが使える状態になっている
TrueToneが使える

iPhoneの色合いの命ともいえる

TrueToneです

一般の第三者修理店の画面は

青っぽくなります

なにより、タッチの反応が違います


店長より

残念ながら

画面破損すると

ネット検索で"一番上のお店"を選んでしまいます

このブロクを読んでご来店していただくケースはまれで

どちらかというとバッテリー交換が主体です

ご近所つきあいも減ってしまい

どこのお店がいいのかわからなくなってしまい

ネットで一番上を選んでしまい

いろいろと機能がなくなるということを

後から知らされるという残念なことが多いみたいです


消えてしまったTrueToneは

現在、パソコンでの復活ができない状態になっています

iOSのバージョンアップで読み込みするソフトウエアが

追いつけないのではと思います

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示