• amakubo

時々タッチ不良、TrueToneがなくなっていたという持ち込み

稲敷郡からの持ち込みです。ほぼ取手市です

かなり遠方からの来店です


中古iPhoneXを購入し、画面が時々勝手に反応する

お見せに持ってきたとき

画面表示していない状態で斜めから見ると、黄色い

軟質の有機ELコピーとわかりました


軟質の有機ELコピー

軟質の有機ELは

大手の中古業者でも見分けが厳しいのかなと思いました

感じからして

初期の有機EL画面で

修理したとき、前の持ち主は

高額な修理代金になったかもです


アマクボiPhoneレスキューのブログを読んでいただき

TrueToneが無いことに気づいたそうです


ほかの業者さんのブログもそう指摘があり

どのお店が良いか、よく検討していただき

当店になったそうです


軟質の有機ELは、

明るさ、黒の外枠は純正に近いものがあります

タッチの反応は非常に鈍いという欠点があります

この画面もその感じでした


TrueToneの復活

この画面には

TrueToneの情報がありません


TrueTone情報が無い

取り付けていた画面を見てみます

TrueTone情報がありませんでした


iPhoneXの交換画面に軟質の有機ELを使っていたということは

発売してから1年くらいです

そのあとは

低価格で多くのお店が

よくわからず採用している硬質の有機ELです


画面の解説はこちらを参考にしてください>>


せめて色合いは純正のようにしたい

という要望がありましたので

パソコンを使って復活させました


パソコンで復活

通常は、環境光修復という作業です

今回は、環境光の復活です

専用工具が違います。青い方でもできるらしいのですが、

発売元でも、難しいということでしたので、

使い方の優しい方を利用しています

こちらでも環境光修復可能ですが

iOSのバージョンが上がったりすると

使えなくなったりするので

青い方が、一般修復ではメインとしています


写真のMtSNという番号がわかれば復活できますが

残り2つのシリアルコードが見つからないので

明るさの自動調節は反応しないことが多いです


TrueTone戻りました



TrueTone復活

TrueToneを有効にすると

色温度の数値が下がり、青白っぽい色が解消されました


ホームボタンのアイコンを動かすと指の上にずっといます

以前は、遅れて反応していました

この点だけは、硬質の有機ELが勝ります

明るさは軟質よりも1~2割落ちますが

TrueToneが有効だと

見た目はわかりにくいです

黒い外枠は若干暑くなります


iPhoneX以降のホームボタンの無いタイプの画面交換は

全てTrueToneが書き込める仕様になっています


TrueToneの修復をしているお店は

工賃込ですが

当店はあえて別にしています


TrueToneの復活ができるとなると

復活を希望される方が出てくるためです


iPhoneXの画面交換は、TrueTone復旧工賃込で

周りのお店と同じ価格だとおもいます

TrueToneは不要ということでしたら、工賃分お得です


もし、今回の様にTrueToneが知識の無い非正規店で修理したことにより

なくなってしまい、対応しているお店に持ち込まれた場合

「どうする?」

ということになります

このトラブルを避けるため当店では

別価格でのご提供にしています


環境光修復、環境光復活は別料金になりますのでご了承ください


お客様より

画面を見てコピー品といわれ、分解するとそうなっていました。

中古屋さんを非難するわけでもなく、iPhoneXの画面修理の経緯など説明してくれてわかりやすかったですし、仕方のないことなのかなと思いました。

ここにきて、元の色合いに戻り満足です。


店長より

iPhoneX画面交換一つでも、4種類の画面が存在しそれぞれの特徴や普及し始めた時期など把握することも大切で、説明して良かったと思います


  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2023 アマクボiPhone レスキュー/PKEN.ORG