半分白くなってしまいまぶしく表示している画面

更新日:4月3日

下妻市よりiPhoneXの画面交換にご来店いただきました

お友達の紹介でのご来店です


TrueToneが消えてしまうお店が多いので

iPhoneXの画面交換で重要な点はTrueTone(トゥルートーンという)ディスプレイがしっかりと機能するかという点です。

お友達は当店を利用したことがあり、iPhoneの機能について知っていて、ご来店いただいた方も知っていたということが大きかったようです。

最初は、比較的修理代金の安い土浦市とつくば市内のショッピングセンターと2か所行ったのですが、「店員さんが機能について全く知らないみたいで、信用できなかった」といっていました


半分白くなった面とピンクと緑の線


iPhoneを落下させると画面が強い白の光とピンク、緑の線が入る
半分表示していない

白く光っているほか、緑の線が無数にあり、ピンクの線もあります

この画面にたどり着けたので

タッチは問題ありません

TrueToneもあるので

純正画面の破損です


有機EL特有の破損です


TrueToneディスプレイには情報の書き換えは必須


iPhoneXの環境光修復作業
オリジナル画面から情報を読み込んでいる

iPhoneXの環境光修復作業です

お客様が当店に来る前に寄ったお店では

取り扱っていない作業です

青い工具の中に

赤い文字でたくさん書かれているものが

オリジナル画面に記録されているデーターです


iPhoneXの様にホームボタンの無いタイプの

iPhoneの交換画面には全てこの作業に対応しています


新しい画面に書き込みしていきます

この作業は1分ぐらいで終わります


つくば市内の路面店ではこの作業は普通に行われており

「よかった」

と高い評価を得ています

iPhone8、iPhone8Plus以降の画面を破損させた方は、

安い・便利だからといって安易に利用するのは禁物です

予約をしてApple正規サービスプロバイダに持ち込めば別ですが


TrueToneはしっかりと反応しました


画面交換後、TrueToneが表示され明るさや色が自動調整されている
TrueToneが機能している

画面交換後

明るさや色合いが自動調整されています

TrueToneを有効にしているので

温かみのある色合いに変化しています


iPhoneXで破損しやすいといわれている顔認証も問題なく動作し通話や通常操作も問題ありませんでした



最初の破損時の写真と比較すると

破損時に正常に表示している部分が青っぽく映っていたことから

色温度というものが正常に機能していないような印象があります


お客様より

修理前にお友達に聞いてよかったです。危うく、機能を知らずに消していたのかもしれません。また、お店の人も、液晶タイプと比較して見せてくけたので、有機EL(硬質)を選びました。軟質というものを聞いたのですが、「タッチ操作が鈍い」といわれ、違う機種ですが同じようにものを試させていただき納得しました。iPhoneのタッチの反応は生命線です。


店長より

遠方からの来店の方は、修理で失敗をしたくないということからブログをよく読んでいただけます。当店では、納得のいく部品を利用していただきたいので希望があれば、試用も可能です。





15回の閲覧0件のコメント