修理価格を安くした場合のデメリット

社外品の格安画面には罠が潜んでいます。

性能の説明を怠る第三者修理業者が後を絶ちません。


一般的な画面はどこの修理店でも色とタッチ性能が劣ります

当店で、iPhone8を修理するときは、オリジナル画面を返却しています

何故なのか、画面には色合いを調整するコード番号が記録されています。

この書き換えを行わないと、たとえ純正画面であっても色合いがおかしくなってしまいます


今回の修理は、予算的に・・・


右下のフレームから落下して画面が破損したことが主な原因
iPhone8画面割れ

破損したiPhoneの画面です

右下から落下したことが主な原因です

綺麗に見えますが

フレームからの落下の多くは

液晶割れのケースが多いです

当店では、そういうことはしていません

普通のお店の、"ガラス割れ"の価格で提供しているので問題ないと思っています


電源をoffにしてみると


電源をoffにするとヒビの状態がよくわかる
ヒビの状態を詳しく見る

電源を落としてみると

ヒビが全体に広がっています

ホームボタン上に

打痕というものがあります

画面表示しているときは何ともありませんが

ほぼ液晶に青いシミが入るパターンです


今回は

TrueTone処置はしていません

当店のブログにたびたび紹介される

青い工具は出ていません

これで完成です


iPhone8画面交換後社外部品ではTrueToneが消える
TrueToneが消えている

修理前の画面と比較すると

明るさのスライドバーの下の

TrueToneがなくなっています

普通の修理店では、こうなります

価格を抑えた画面では、こうなってしまい手ます


多くの方は、機種変更までに画面を破損させてしまうという方は

「1回」

という方が多いです


正直最初の1回目は、価格ではなくクオリティーを重要視されてはと思います


今回は、TrueToneが消えてしまいました。

オリジナル画面を回収してしまうと復活できません

また、画面を破損させてしまい

交換した画面を使用して

タッチの反応の悪さにストレスを受けるようでしたら

高品質画面という選択肢があります


その時には、正しい色合いに戻すこともできるので

オリジナル画面をもってきていただければと思います


iOS14.5あたりから、オリジナル画面無しでもTrueToneの復活ができなくなりました

やはり、オリジナル画面は持っておくといいと思います

11回の閲覧0件のコメント