久々にiPhone6の画面が割れた修理をしました

土浦市よりご来店

つくば市内のお友達の紹介です。


過去に第三者修理店で修理した痕跡がありました

画面の左上が破損し、内部が見える穴が開いてしまっています


画面破損で穴が開いてしまっている
穴から内部が見える

写真を拡大すると穴が見えています

ガラスの破損状況からすると

第三者製造の部品むになります

液晶部分も実際は青白く見えていました


画面のちらつきがあり

第三者製造の部品の画面の場合は

ゴーストタッチが、バックグランドで起こっていることもあります

タッチも上部は反応していません


穴が開いていると掃除です


画面を外すと内部はほこりだらけだった
ほこりが入っている

このような破損では

内部にほこりが入ります

基板の方はエアースプレーで吹きます



iPhone6の画面の分解注意
ホームボタンの端子はパネル側

iPhone6の画面を外すときに

ホームボタンの端子は、背面プレートについています

いつもの調子で外すと

断線の危険性があるので

ドライヤーで温め、慎重にはずします



ほこりだらけなのでクリーニングした
クリーニング

面だと

エアースプレーはごみが飛ばないので

地道にアルコールでふき取ります


固定ガードの接着


センサー、自撮りカメラを固定する

プラスチックみたいなものです

ここを接着していずれないようにします


私の知る限り

8割以上の業者さんは接着しません

フランチャイズではどのように指導しているのか疑問です


ゴーストタッチは起こっていました


画面交換後にわかるゴーストタッチが起こっていた痕跡
1分間の待機

日本語で

「iPhoneは使用できません」

「1分後にやり直してくだい」

というメッセージです


1分後ログインして問題なく動作しました


店長より

今回の画面は、最後のインセル画面です。iPhone6の部品も少なくなっています。インセルは生産終了品になりました。

今後は、一般普及画面と再生画面の2種類になります。


久々の投稿でしたが、独立系修理プロバイダサービスの承認を受けるため、ホームページ全体の改装をしていました。最近は、ホームページが検索で表示される機会が減ってきました。

はやく、内定とトレーニングをうけ、資格認定が受けられるよういろいろと準備していきます。

17回の閲覧0件のコメント