バッテリー膨張の持ち込みが少しずつ増えてきました

つくば市内より持ち込みです

画面が持ち上がり表示しなくなったという持ち込みです


画面左側が持ち上がっている


バッテリーが膨張して画面も破損した
画面が持ち上がる

隙間から

バッテリーが膨張している様子が見られます


画面が表示しなくなってしまった根本的原因です


膨張バッテリーは思ったより取り外しがたいへん


バッテリーとフレームを貼り合わせる両面テープがあります

写真の様に白いテープが見えます

テープが取りやすく

簡単に見えるのですが

ピンセットでテープをはがすと

ブチブチ切れることが多いです


そのため、最近は

バッテリーが膨張しているときは

修理の安全を考え

画面を外すことが増えました


画面を外すと

取り付けて点検した後

ごくまれに線が入ることがあります


原因は接続端子が曲がっていることが多くあります

昔のiPhoneほどよく見られる現象です


最近のiPhoneの接続端子は

やや柔軟性があるというか

線が出ないことが多いです


バッテリーと画面交換の仮組


バッテリー交換と画面交換をしてテスト。TrueToneを修復も終わっている。中国語
修理の完了

仮組をして

画面表示させました


持ち込まれたiPhoneは中国語ですが

TrueToneもしっかり反応するようになっています


このiPhoneXは以前当店で修理されたものですが

修理した後

バッテリーがベコベコしており

画面が少しでも持ち上がる感じならば

すぐに交換しましょうと

お客様に伝えたものです


一晩で盛り上がってしまった

ということみたいなので

もし

iPhoneを修理したとき

バッテリーが怪しいと思ったときは

早めに交換したほうが良いのかもしれません




14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示