ガラスの割れ目に沿って黒い線が入っている

最近は、iPhone11の画面破損が増えています。TrueToneディスプレーを採用しているため、画面交換では最大限に生かす工程も重要になってきます


変わった黒いシミの入り方をしている画面破損


ガラスの割れに沿って黒いシミが入っている
ガラスの割れに沿って黒いシミが入る

私も長いこと修理しています。この黒いシミの入り方は初めて見たかもしれません

それくらいレアなケースです


画面には、TrueToneの設定があります

確認したところ、初めての画面破損でした


画面を外して交換すれば

修理完了です


多くの第三者修理店ではやっていない

重要な作業も残っています


最近の画面はインセルが中心


TrueTone情報を破損した画面から新しい画面に移す作業
TrueToneディスプレーには必要な作業

当店の修理ではおなじみの

環境光修復というものです


ホームボタンの無いiPhoneは全てこの作業ができます

第三者製造のディスプレーも

一応、TrueToneディスプレーになっています


画面の種類も

第三者製造のインセル方式のものが主流です

この画面は、

破損すると

Apple正規のTrueToneディスプレーと同じような破損をします


今回使った画面は再生画面でした



画面交換で再生画面を使用しTrueToneも消さずに使用できる上程になり色彩の変更も可能になった
再生画面に交換して修理完了

明るさを重視するのでしたら

再生画面がお勧めです

Apple正規品には勝てませんが

第三者製造の画面よりも明るいです


TrueToneを有効にすることにより

色彩がApple正規品に近い状態になります


ほとんどのお店では

たとえ再生画面を使っても

環境光修復という工程が無いため

青白っぽい色になります


TrueToneが消えてしまい復活作業をしている
TrueToneが消えている画面

今回の修理のものではありませんが

TrueToneが消えてしまうと

色彩は青っぽくなります

この補正のため、データーをパソコンを用い

解析をわこなうことで戻すことも可能です


撮影には色彩補正しないモードで撮影すると

白っぽく映る画面は

全て品質の劣る第三者製造のものになります

色々な意味での"高品質"がありますが

インセルタイプを超えることはできません


ホームボタンの無いタイプは

全て"高品質"のものになると思います

ただし、iPhone11の画面交換をすると

対策された第三者製造の画面もありますが


iPhone11の画面交換後出現するメッセージでApple正規画面ではないと警告が出る
iPhone11の画面交換後出現するメッセージ

偽物というメッセージが出ます

再生画面でも出るのですが

個人的には、再生画面のファームウェアが古いと出るのではと思っています

今後、新しいバージョンの破損した画面が再生され

メッセージはなくなるものと思っています


店長より

Appleが正規ディスプレーやバッテリーを推奨するようにメッセージが出るようになってきました。独立系修理プロバイダサービスになればこういう心配はなくなると思うのですが日本では、普及していないようですね。最低限の工程をしている第三者修理店をお客様自身が見つけることが大切ではないでしょうか。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示