ほかの非正規店で画面交換して違和感を感じていた

土浦市よりご来店です

iPhoneの画面交換を近くのお店の口コミが多かったので利用して修理から戻ったiPhoneの画面は青白っぽくタッチの反応に違和感を感じていたそうです


TrueToneが消えていたiPhone8

つくば市や取手市では多くのお店が対応しています。全国的に見れば1割もやっていないことです。知識として、修理するときにお客様に一言伝えることは大切です

お友達の紹介で、元に戻せると聞いてのご来店です。


画面が破損してホームボタンは無傷


ホームボタンは無傷

この画面はコピー品ということは

ガラスの破損で判断できます

斜めにしてみると

青く反射していました

TrueToneに対応していない

廉価版の画面です

アマクボアイフォンレスキューでは一般普及画面と呼んでいます


安い画面を破損させてしまい

画面表示しないケースでは、

ゴーストタッチが起こっているのか不明です


仮組をしてテスト動作


ゴーストタッチはなかった

画面の表示と明るさ

のメニューに到着です

この段階でゴーストタッチはありません


環境光修復もしていないので

TrueToneの設定は消えたままです


多くのお店では

動作テストをしておしまいです


環境光復活の作業


環境光復活の様子

iPhone8の場合

画面は、最低インセルという方式の画面が必要です

稀に一般普及画面で可能です

※ホームボタンの無い機種は、すべて品質の画面でTrueToneに対応しています


今回は、タッチの反応の鈍さも解消してほしいとのことでしたので

高品質画面を選びました


最終手段になりますが

パソコンから

MtSNというコード番号を探して

専用工具で交換する画面に書き込みます


TrueToneが復活


TrueToneの項目が表示されている

写真の色は赤っぽくなっています

デジカメの性能なのでこのようになっています

逆に古いデジカメで"白"を撮影すると

廉価版の画面は"白"です


TrueToneが復活し正しい色に補正されました

タッチの反応も改善し

ストレスなく操作できるようになりました


お客様より

前回はネットでの口コミを信用して利用して満足だったのですが、友達はアマクボiPhoneレスキューを使用して、画面の色やタッチ操作の違いに気づきショックでした。とどめにTrueToneがなくなっていたのです。非正規店を利用するときは、友達の紹介が間違いないということを知りました。


店長より

近隣でTrueTone対応という修理が始まれば同業者として気になるものです。なかなか動けないのがフランチャイズであり国内のiPhone修理業の質を低下させています。最近、中国の留学生のiPhoneの修理をすると、日本で修理されたものより内部がきれいにクリーニングされTrueToneがついているハンコの押された画面をよく見かけます。日本の技術の質の低下が心配です

7回の閲覧0件のコメント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2023 アマクボiPhone レスキュー/PKEN.ORG