「正規のApple製バッテリーが使用されていることを・・・」というメッセージを消してみたiPhoneXR

この現象が起きた時

「おー」

この声しかありませんでした。

お客様とたわしです


アップルのシステムの問題で3週間アクティベーションできない状態でしたが、いざしてみるとです


iPhoneXRのバッテリー交換を純正部品でと言う依頼



iPhoneXRの分解開始
修理を始める

アップルの指示では

フレームと画面の境界にヘラを使うと傷がつきます

このような工具を使用して開けます

少し隙間ができたら

ヘラで粘着テープをはがします



iPhoneXRの純正品を使って修理
修理部品の準備

純正品を使った小さな工具は

こんな感じです

静電気対策を含めいろいろあります

当店では、社外品であっても似たような感じで修理しますのでご安心ください


iPhoneXRの純正バッテリーには

滑り止めを塗ってあるねじもセットでついてきます


交換したバッテリーは少し膨張しています


ほかのバッテリーと比較すると膨張している
バッテリーの膨張

ほかのバッテリーをサンプルに比較すると

少し膨張しています

アップルへは専用アプリを使い報告し、

「社外バッテリー扱い」という診断がされました

こうなると、価格が変わりますのでお客様に報告し社外品にするべきか尋ねます

社外バッテリーでは

「このiPhoneで正規のApple製バッテリーが使用されていることを確認できませんでした」

というメッセージが出るのがいやなので

ということで、純正バッテリーを取り付けます



アクティベーションしていない純正バッテリー
純正バッテリーを取り付けたところ

アクティベーションをしていないと

純正バッテリーとはいえ、メッセージが残ります

iOS15.2あたりからは、このメッセージは恒久的に残ります

最大容量も「マイナス」で表示されてしまいます


ここから先は、アップルのサーバーを通じてアクティベーションしかありません

このiPhoneのシリアル番号に、新しいバッテリーのシリアル番号を紐づけしておきます



純正バッテリー交換をしてアークティベーションする
アクティベーション後

いろいろな操作をして

アクティベーションできる状態にします

アクティベーションは1分かかりませんでした


結果は

「おー」

この言葉だけです

「消えたー」とか「すげー」などといったいろいろな言葉が出るものなのですが

この一言に尽きます


この感動はずっと覚えていると思います


何といっても、独立系修理プロバイダになって最初のアクティベーション作業ですから

閲覧数:147回0件のコメント